㉔柴犬飼ったら翌日家が火事になった話〜謝罪ってなんだっけ?〜

こちらの続きでございます〜↓

 

前回までのあらすじ

柴犬まるを家にお迎えした翌日に自宅が火事になったがなんとか助かった。管理会社からかりた空き部屋生活や火災の原因を疑われる日々にストレスが溜まってくる。そんな中、やっと火元がわかって謝罪されるところ。

 

登場人物

 

大家さん2号!?

 

わざわざ来てくれた電力会社の社長さん…あんた何しに来たんだ!!マジで何しに来たんだ!!

と心から思いましたね〜。

言い訳?をしに来たのかな〜?と思いました。あと菓子折りを渡しに来たのかな。ふふふ

 

オール電化の新築物件で、過去に私の家で起きたような火事の事例が全くなかったそうです。

でもさ…ブレーカーが原因って決定しちゃってるし、納得がいかないと私に言われても困るわけです。

 

おそらく私の父くらいの年齢の方だったと思うのですが、

そんなこと私に言われても…

って感じよ。そんなこと直接言いに来たなら、来なくてよかったよって思ったよね。

謝罪をしに来たなら、謝罪だけしたほうが印象が断然良いって勉強になったよね。ははは

 

後ろにただ立ってるだけの大家さんと、最後まで誰かわからなかった謎の男性もなんだったろう(笑)

名乗れよ!人の裸見ておいて1番お前らが謝れよ!(溢れる本音)

 

社長さんはひたすら汗をかいていて、途中から『なんでこの人こんなに汗かいてるんだろう。早く帰ってくれないかな。』とか思いながら、ぼ〜っと話を聞いていました。

 

ということで、これにて謝罪は終了です。

菓子折りもらいました。菓子折りだけ。あとストレスももらいました(›´ω`‹ )げそ…

 

次回、この菓子折りへの私の思いが爆発します!!(笑)

 

続く。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けしまっす٩(•౪•٩)いえ〜い

Twitterはこちらだべさ