㉒柴犬飼ったら翌日家が火事になった話〜やっと火災の原因が判明〜

こちらの続きでございます〜↓

 

前回までのあらすじ

柴犬まるを家にお迎えした翌日に自宅が火事になったがなんとか助かった。管理会社からかりた空き部屋生活や火災の原因を疑われる日々にストレスが溜まってくる。そんな中、やっと火元がわかったと連絡がきたところ。

 

登場人物

 

私は悪くなかった!

知ってたけどね!私が悪くないって知ってた!知ってたよ!

 

ということで、ブレーカーが火元で、配線が緩かったことが原因で火災になったそうです…

配線って緩いと火災が起きるものなんですね…

そこらへんの知識がなかったので、電話で「え?はい?」みたいなことを結構言っちゃいましたε-(´∀`; )ごめんぬ

 

漏電した…ショートした…などなどの言葉はなくて、ひたすら配線が緩かったってやつのみでした(笑)

廊下の扉を開けた時に、バチバチバチッ!!って音が結構してたからなぁ。

ブレーカー怖いわ〜。

 

何はともあれ、私は悪くなかったということが、私の中で最も重要なことだったのでホッとしました。かなり。とっても。とてつもなく。

 

ちなみに、電話の相手が警察だったか消防署だったかうる覚えです…確か消防署だったか気がします(・ε・)うむ

 

やっと…やっと火災の原因を描くことが出来ました〜長かったわ〜。

4コマのお話の進み具合の遅さに、もどかしさを感じながらもなんとかここまできました(笑)

あと数回で火事編は終わります!もう少しお付き合いください♡

 

次回、私の怒りが…!?

 

続く

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けしまっす٩(•౪•٩)いえ〜い

Twitterはこちらだべさ